ForYourImages MAGAZINE

写真素材の背景を自然にぼかしてコピースペースを作るデザインテクニック【Photoshop】

2018/12/07
2018/12/07

写真素材の背景を自然にぼかしてコピースペースを作るデザインテクニック【Photoshop】

背景をグラデーションでぼかしてコピースペースを作ろう!

コピースペースの確保はデザイナーなら何度も頭を悩ませた事があると思います。撮影前提のレイアウトであれば事前にラフを作る事でコピースペースを簡単に確保できますが、支給画像やストック素材だと限られたスペースでいかにキレイにレイアウトできるかがデザイナーの腕のみせどころです。

今回は「グラデーションの選択範囲」「ぼかし(レンズ)」を使って自然に背景をぼかしてコピースペースを確保するテクニックをご紹介します!

今回使用したForYourImagesの素材はこちら

背景のどこをぼかすか検討しましょう

まずは自然なイメージになるようにぼかす場所を検討しましょう。画面の端に向かって奥行きのある画像であれば違和感なくぼかせると思います。この画像だと左に向かって奥行きがあるので、人物の右をぼかします。

ポイントは選択範囲をグラデーションにすること

自然なボケを再現するにはグラデーションで選択範囲を作成し、ボケの効果を適用しましょう。まず新規レイヤーを作ります。レイヤーウィンドウの下にある「新規レイヤーを作成ボタン」をクリックして新しいレイヤーを作成してください。ついでに「背景」のロックも外しておきましょう。

次にツールバーから「グラデーションツール」を選んで黒から透明のグラデーションを設定してください。新しく作った「レイヤー1」のぼかしをかけたい領域をグラデーションで塗りつぶしてください。

次にグラデーションをかけたレイヤーサムネールを右クリックしてください。コンテキストメニューがでるので「描写ピクセルを選択」をクリックしてください。

そのレイヤーで透明ではない部分が選択されます。一見直線的に選択されているようですが、ちゃんと半透明な部分は半透明として選択されています。

「ぼかし(レンズ)」で自然に背景をぼかす

次にグラデーションで塗りつぶしたレイヤーは非表示にしてください。レイヤーサムネール左の目のマークをクリックで非表示にできます。そのあとぼかしの加工する画像レイヤーを選択して、メニューの「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(レンズ)」を選択してください。「ぼかし(レンズ)」を使うと一眼レフカメラで撮影したような自然がボケを再現できます。

調整ウィンドウがでるので、右の項目の「半径」の値を増やすと選択した範囲がボケます。

ぼかしすぎると不自然になるのでやりすぎに注意。その他ノイズなども加えるとより自然になるので色々試してみてください。上部のOKをクリックすれば完成です!

バナーを作ってみましょう

文字をのせると、ボケた背景のほうが文字の視認性があがっていることが分かると思います。

以前紹介した「塗りつぶし:コンテンツに応じる」と併用すれば、適当に足した背景を簡単に誤魔化せます。同じグラデーションの選択範囲を使って明度を調整すればさらに視認性の良いバナーになります。

本来ボケないところがボケていると違和感がでてしまいます。画像素材を選ぶ段階で「自然にぼかせるか」を考慮しましょう。

「文字が読みづらい」と言われた事があるデザイナーさんはぼかしのテクニックを是非試してみてください!

ForYourImagesで写真・イラスト素材をみつける

 


サブスクリプションプラン(定額制)ならもっと気軽に、もっとさくさん!
8,000万点を超えるすべての写真・イラスト素材が対象です。

ForYourImagesのサブスクリプションプラン(定額制)は日々の業務で写真・イラスト素材が必要な方におすすめです。掲載されている8,000万点以上すべての素材が対象で、サイズの制限もありません。しかも、素材1点あたり145円(税抜)~と料金もかなりおトク!

高品質で気軽に使える写真素材のForYourImages